What's New


Loading

2016年

1月

15日

「H002掩撃鏖殺平壌略取の図」 は六枚続の半分である。

H002掩撃鏖殺平壌略取の図」えんげきおうさつ へいじょうりゃくしゅのず

を追加した。掩撃えんげきとは小部隊で敵を急に襲うこと、不意打ちのことであり、鏖殺おうさつとは皆殺しにすることである。

 画像検索をすると、ディーラーに3点(The Art of Japanに1点、原書房に2点)オークションハウス(Asian Collection Internet Auction)に1点、メトロポリタン美術館に1点、オーストリア応用美術博物館に1点、の合計6点がヒットした。最初の4点は販売品であり、現在の所属は不明だが、画像だけは残っているので、Ukiyo-e Search にて見ることができる。

http://ukiyo-e.org/image/met/DP146888

 

 このうちThe Art of Japanとメトロポリタン美術館の作品は六枚続であり、The Art of Japanによると海戦ではなく陸戦では珍しい六枚続だとの解説がある。

 メトロポリタンのオンラインコレクションで見ると以下の通り。

http://www.metmuseum.org/collection/the-collection-online/search/55121

「向處無敵 平壌陥落」

There Stands No Enemy Where We Go: Surrender of Pyongyang from a series on the Sino-Japanese War (Mukau tokoro tekinashi: Heijō kanraku)

Artist: Migita Toshihide (Japanese, 1863–1925)

Period: Meiji period (1868–1912)

Date: Meiji 27 (1894)

Culture: Japan

Medium: Set of six polychrome woodblock prints; ink and color on paper

Dimensions: Image (each): 13 1/2 × 9 1/8 in. (34.3 × 23.2 cm)

Classification: Prints

Credit Line: Gift of Lincoln Kirstein, 1959

Accession Number: JP3177a–f

このようにタイトル部分に未詳の解説がある。

 函館市中央図書館の右図と中図の間の空白は、それぞれの図がトリミングされている。異版で欠落部分を見ることができる。トリミング状態は、メトロポリタン美術館所蔵品が一番欠落が少ない。

 英語タイトルはまちまちだが、オーストリア応用美術博物館のものが良さそうだ。メトロポリタン美術館のシリーズタイトル「向處無敵 平壌陥落」は不詳。

それぞれのタイトルは以下の通りである。

 

The Art of Japan(ディーラー): Battle of Heijo (Pyongyang) 

原書房(ディーラー):A scene of Sino-Japan war, triptych, 1894

Asian Collection Internet Auction(オークションハウス):Battle of HEIJO (Pyongyang)

メトロポリタン美術館:右側Collapse and Subjugation 左側Subjugation and Seizure シリーズタイトルThere Stands No Enemy Where We Go: Surrender of Pyongyang from a series on the Sino-Japanese War (Mukau tokoro tekinashi: Heijō kanraku)

※シリーズタイトルは未確認。

オーストリア応用美術博物館:Occupation of Pyöngyang


概要 | プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 日清戦争錦絵美術館 All Right Reserved