What's New


Loading

異版から考えること

 

S028 鹿児嶋県暴徒熊本乱入圖


 今回静岡県立中央図書館から提供を受けた三作品は、すべて、国会図書館に異版が存在している作品である。これまで、西南戦争に関連する錦絵をリストアップする目的からなるべく重複した絵は避けてきた訳だが、今回たまたま三作とも重複作品となった。重複していると、当然もう一枚の絵と比較していくことになるのだが、今回は、三種三様の展開があって、非常に刺激的だった。

 まず、「S026 征韓論之圖」では先日投稿したように、「名指ししない配慮のある」(Yajifun Sさんの表現、的確です。)明治天皇の肖像が隠されていた。

 次に、「S027鹿児島勇婦揃」の静岡県立中央図書館版では「背景の幕のぼかしを取りやめて、薩摩のマークが際立つようにした。旗も目立つようにした。そして、色のバランスを考えて馬の色を変えた。さらに、説明を補足して、乳飲み子の存在を強調し、名札の並びを整えた。」といった変更がなされている。

 さらに、「S028 鹿児嶋県暴徒熊本乱入圖」はなんと、タイトルが、「081鹿児島戦記 〔熊本城の戦〕 」から替わって刷られている。これは、気づくのに時間がかかった。絶対に見たことあるぞと思いつつ、タイトルで検索しても全然ヒットしないのでたどり着くまでにかなり時間を費やした。見つけた時は本当にびっくりした。この作品に関しては、どっちが先か、まだまだこれからの検証をまたねばならないが、今回のこの三作品は全く想像もしていなかった展開で、わくわくしながら作業を進めることができた。

 詳しくは、是非是非ホームページの方でご覧下さい。

プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 日清戦争錦絵美術館 All Right Reserved