What's New


Loading

S015平壌玄武門乗越之場

 

作者不明                    静岡県立中央図書館 蔵

 

明治廿七年十月 日印刷

   仝年十月 日発行

臨写印刷兼発行者 福田熊次郎 日本バシ区長谷川丁十九バンチ

 

陸軍歩兵一等卒 澤田重七、尾上菊五郎

 

静岡県立中央図書館での分類は 

請求記号

K915-109-004-009

画題(題名)

平壌玄武門乗越之場

絵師(画工名)

なし

版元

福田熊次郎

出版年

明治27年10月(1894)

員数

3枚続

版型

大判

彩色

錦絵

資料名

上村翁旧蔵浮世絵集日清戦争(巻子)

カテゴリ

/浮世絵/横巻仕立/4集-日清戦争 


 このページの画像は静岡県立中央図書館のデジタルデータを利用して構成している。また、データに関しては東京大学史料編纂所錦絵データベースを参考にした。

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                     次の作品へ

細部を見るには上の絵をクリックしてください。


歌舞伎の演目「海陸連勝日章旗」の一場面

この作品は、歌舞伎座で演じられた「海陸連勝日章旗」の4幕目の「平壌玄武門ち打入りの場」の錦絵である。立木大佐(立見少将)、木村中尉(三村中尉)、澤田重七(原田重吉=尾上菊五郎)の配役で明治27年11月に公演されたものである。原田重吉は後に自身でこの場面を演じるようになるが、この時期はまだ中国にあって戦闘中であった。原田重吉に関しては別に一項目設けて論じたい。


プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 日清戦争錦絵美術館 All Right Reserved