What's New


Loading

S005日本万歳百撰百笑北京嬢の落涙

 

清親                       静岡県立中央図書館 蔵

 

明治廿八年二月 日印刷

   仝年仝月 日發行

印刷兼發行者 松木平吉 東京日本橋区吉川町二番地

 

 

◯北京嬢の落涙 骨皮道人

モシお嬢さん貴嬢(あなた)ハ全体お先き真暗、殊に根も葉もない虚言(うそ)を突くのもお達者だのふ、今度に限って何故にマア其様に(そんなに)女素女素(めそめそ)お泣き成さいます、勿論永の年月住み馴て居らっしやる所を、日本の為に追沸はれるのだから、私しとても決して心嬉しいとハ思ひませんが、併し今更と成て泣たつて喚いたつて、所詮もう追付く話しでハ御座いません、泣児と地頭の幅を利かしたのハ、夫ハズンドの大昔し、今ぢやァ泣ッ面をすると蜂が螫す(さす)と申します「目から出るものハ涙」と云やァ一口話しにハ、成りますが、貴嬢(あなた)のやうに其様な情ない顔をして、オイオイと泣かれますと、泣く時の閻魔顔なんぞと駄洒落の種に遣はれ(つかわれ)ますから、もうもう必らずお泣き成さいますな 嬢「其方ハ主人に向つて何を失禮なことを云ふ、妾しハ閻魔なんぞでハ無いよ 男「ヘー夫でハ何と申しあげませう 嬢「妾しハ涙如来だ

 

静岡県立中央図書館での分類は

請求記号 K915-108-049-008
画題(題名) 日本万歳百撰百笑北京嬢の落涙
絵師(画工名) 清親印
版元 松木平吉
出版年 明治28年2月(1895)
員数 1枚
版型 大判
彩色 錦絵
資料名 上村翁旧蔵浮世絵集(49)
カテゴリ /浮世絵/41集~50集/49集-清親・吟光・勝月ほか 


 このページの画像は静岡県立中央図書館のデジタルデータを利用して構成している。また、データに関しては東京大学史料編纂所錦絵データベースを参考にした。

 

画像をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                     次の作品へ

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。



プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 日清戦争錦絵美術館 All Right Reserved