What's New


Loading

079 大日本ト清國ト両軍平城激戰之圖 内務省検閲許可

   (No.78の異版)                      楳堂小国政

 

明治二十七年九月 日印刷

    同年仝月 日発行

臨寫印刷兼発行者 片田長次郎 東京市浅草区茅町一丁目二番地

松本彫甚


右図 野津少将

 

片田長治郎 出版  明治27年

 

 

画面をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                           次の作品へ

細部を見るにはこちらからどうぞ。別画面が開きます。

少し時間がかかります。

No.078の異版である

 多分、同じ日に刷られたか、少なくとも最初の刷りの工程の中の近い所で制作された物と思われる。というのも、版自体は全く変わっていないし違いが認められる色の変化にしてもほとんど変わっていないからである。078と079の違いを列記すると、

1、078の方が全体に墨が濃い。その結果、078では日本軍の将校の黒い軍服の金色のモールの表現がつぶれている。逆に清兵の軍服の模様はくっきりとしている。

2、078の炎の色は中心部が深紅である。079の場合オレンジ色が強い。

3、中景の大地の色が078は茶色、079は濃緑になっている。

4、制作時の違いではないが、078の版元情報は切断されて不完全である。

以上のような違いがある。


プライバシーポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 日清戦争錦絵美術館 All Right Reserved