サイト内検索

What's New


111 威海衛附近登州府降雪激戦之図                  小国政

 

明治廿八年二月 日印刷

   仝年二月 日発行

印刷兼発行者 大西庄之助 日本橋區馬喰町二丁目七番地

 

大西庄之助 出版  明治28年

 

画面をクリックすれば拡大画像をご覧頂けます。

フラッシュギャラリーではフルスクリーンでご覧になれます。

 

前の作品へ                           次の作品へ

函館市中央図書館及びスミソニアン博物館フリーアサックラーギャラリー(FSG)に異版あり

『威海衛附近登州府降雪激戦之圖』比較

所蔵館

国立国会図書館

函館市中央図書館

FREER+SACKLER GALLERIES

全体のコントラスト

標準

濃い

薄い

右図の馬の蹄の上の毛の部分の塗

あり(茶色)

なし(或いは薄い)

あり(茶色)

全体的な墨とグレーの差

際立っている

多少はある

際立っている

全体的な背景の雪原の白

白が残っている

黄色に変色

白が残っている

中図の馬の上部部分の背景の木立

細やかな表現がよく残っている

白から灰色そして墨へのグラデーションがコントラストが強すぎて潰れ気味

細やかな表現がよく残っている

左図のグラデーション部分の降雪

降雪が表現されている

降雪の雪が滲んで雪に見えない

降雪が表現されている

シミ・汚れなど

少ない

多い

少ない

背景の建物などの赤の色調

茶色である

 以上のように比べてみると、結論的には国会図書館とFSG所蔵品のほうが保存状態がよく、細かいグラデーションなどがよく残っていると言えるだろう。函館市中央図書館所蔵品は残念ながら変色、褪色した部分が多く見られ、細やかな表情はかけている。ただし、全体としてみた時にはかえって劇的であり、迫力があるように見えるのは、コントラストが大きいせいだけだろうか?


プライバシーポリシー | Cookie ポリシー | サイトマップ
Ⓒ 2011 日清戦争錦絵美術館 All Right Reserved